保育士 求人 正社員

MENU

保育士の求人 正社員

保育士の求人で正社員希望の方に保育士求人サイトランキングで紹介中

ネットにいくつもある保育士求人サイトを特徴や取り扱い園数順にランキング。どの求人サイトに登録をすれば、自分の希望する条件とマッチする保育園が見つかりやすいか一目瞭然です。

  • 保育士の求人で正社員待遇って簡単には、みつからないんだろうな。
  • そんなに簡単にネットで見つかるのなら、苦労しないよね。

ひょっとすると、あなたは、このように勘違いをしていませんか?

 

ぜひ、保育士求人正社員コムで、あなたの希望する就職や転職を達成して下さい。

 

今、テレビなどで大きく取り上げられている待機児童の問題をご存知ですか?
そして、待機児童の問題を解消するために、数多くの保育園を新設していること。
あるいは、保育園の新設に伴い保育士そのものも人手不足に陥っていることを。
今、保育士は売り手市場となっています。

保育士 求人 正社員

これから数年の間に、10万人単位で保育士が不足するとも言われています。
あなたが、今より条件の良い保育園に移りたい、復職したいと考えているなら、今がチャンスです。

 

さらに、本気で正社員採用の保育士求人を探すなら、もっとネットを活用してみましょう。
手間もかからず、新鮮な求人情報を手に入れることができます。
当サイトでは数多くの保育士求人サイトの中から保育士求人とりわけ正社員採用を見つけるのに便利なサイトをランキング形式で紹介します。
全国で今、採用募集をしている保育園の情報を、あなたもすぐに手に入れることができます。

ランキングで紹介する求人情報サイトは、いずれも秘密厳守!
登録をしたからといって、今、勤めている保育園に情報が漏れるということはありません。
※ どの保育園の求人情報も採用人数は限られています。他の人に先を越されてしまっては元も子もありません。
いますぐに勤めようと思っていないという場合でも、
早めにエントリーをして、情報をこまめにチェックしておきましょう。

保育士求人正社員 第一位

保育情報どっとこむの特徴

保育士求人保育情報どっとこむは、全国対応の保育士求人ポータルサイト。
40代で既婚者や子持ちの方でも数多く利用している保育園求人サイトです。

価格 評価 備考
評価4.5 対象エリア:全国
保育情報どっとこむの総評

関東圏以外にお住まいの方は、必ず登録しておいてほしい求人サイト。
職場復帰希望という方も、保育情報どっとこむにエントリーしておきましょう。
求人件数:約2,000件

保育情報どっとこむ公式ページ案内

 

保育士求人正社員 第二位

テンダーラビンケアの特徴

テンダーラビンケアサービスは、関東エリアを対象とする保育士求人ポータルサイト。
年間紹介実績は、1,000人以上。

価格 評価 備考
評価4 対象エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉
テンダーラビンケアの総評

2,800園以上の紹介保育園ネットワークを持っています。
直園保育園があるのもポイントです。
求人件数:公開約300件
非公開約200件

テンダーラビンケア公式ページ案内

 

ライフスタッフ

保育士求人正社員 第三位

ライフスタッフの特徴

ライフスタッフも、関東エリアを対象としている保育園求人ポータルサイト。
就業でお祝い金を最大10万円プレゼント中!

価格 評価 備考
評価3.5 対象エリア:東京、千葉、神奈川、埼玉
ライフスタッフの総評

未経験者やブランクのある方でもOK。研修制度があるから安心です。
保育求人以外にも介護職、看護士の求人情報を取り扱っています。
求人件数:約530件

ライフスタッフ公式ページ案内
少子化と子育て支援で生きる資格

日本は少子高齢化が深刻です。
高齢者の数が増え、4人に1人が65歳以上という状況で、子供の数が増えず、日本の未来に黄色信号が点灯しています。

 

そのような中、国も地方公共団体も少子化対策に立ち上がりました。
現在、少子化といいながらも、幼稚園や保育所の数が足りず、子供たちを安心して預かれる環境が整っていません。
そのため、どの自治体も待機児童の解消のため、保育所の新設や認可保育所の増強に躍起になっています。

 

こうした施設の数が増えれば、おのずと保育士へのニーズも高まってきます
というのも、子供たちを安全に預かるには、規模や預かる子供の人数に応じて保育士の数を揃えなければなりません。

 

ですから、少子化だから将来性がないとか、求人数が少ないという予断を持つのはやめましょう。
やる気と子供たちに対する真摯な想いがあれば、いくらでも採用の可能性があるのです。

 

いわゆる住宅街にある保育所のほか、最近では駅前の商業施設やオフィスビル等、パパやママたちが通勤途中で預けやすい立地に保育所が設けられるケースも増えています。
こうした立地は電車通勤やバス通勤にも便利で、預ける側だけでなく、働く側にもメリットがあるのではないでしょうか。
仕事帰りに夕食の買い物をしたり、ショッピングや友達との待ち合わせにも最適です。

 

一方、病院や企業などの中に従業員のお子さんを対象にした保育所が設けられることもあります。
施設内にビデオカメラを設置して、働いているパパやママに映像を送るなど、最新設備も完備され、パパやママとのコミュニケーションも取りやすい環境が人気です。

見かける機会の多くなった保育士の求人

保育士を目指す方はとても多くなっており、子供達と楽しそうに遊ぶ姿に憧れを持つ方も大変多くなっています。
少子化の傾向が強くなりこのような施設からの求人は減少していましたが、最近は自治体のサポートもあり施設の充実が図られるようになっています。
そのため各施設で多くの人材を必要とするようになっています。

 

子供達にしっかりと気を配っていくためには1クラスに1人の体制ではなく、複数の体制をとる施設も多くなっており、このような施設では積極的に募集をかけるようにもなっています。
求人サイトを確認するとより多くの情報を得ることができ、選択の幅を広げて検討していくことができます。

 

このようなサイトでも保育士の募集を多く見かけられ、自分の希望に合わせて検索を行うことで、より良い職場環境を探していくこともできます。
子供達に充実の時間を与えていくためには、自分自身も充実した業務を行っていくことが必要となるので、より良い職場環境を選ぶことはとても重要です。

 

そのためより多くの情報を集めて検討を行っていくことは大切なものとなります。
施設からの募集では好条件のものも多くなっています。

 

このような求人は希望者も多く採用基準が記載されることも多いので、しっかりと内容を確認して臨むことが大切です。
採用試験についての記載があることもあるので、参考にして対策を整えて臨むことをおすすめします。
保育士は様々な点に気を配って業務を行っていくこととなるため、より良い環境にて業務を行えることが重要です。

 

自分の希望を明確にして検討していくことをおすすめします。

公立か私立かによって格差があります

同じ資格を持った保育士であったとしても、公立保育園に採用されるか私立保育園で働くかによってかなり状況が違ってきます。
年収面で単純に比較してみると、公立保育園が年間平均給与が約600万円なのに対して、私立は約400万円と200万円もの差があるのです。
これでは、一家を支えなければならない男性の場合、働くとしたら公立保育園という選択肢を選ぶ確率が高くなります。

 

ところが、保育園の民営化が進むことにより、公立保育園の求人は少なくなり、私立保育園の求人は多くなるという現象が起こっているのです。
つまり、公立保育園の就職が狭き門となりつつあります。
それなら、私立保育園も公立保育園並の待遇を用意する努力をするべきなのでしょうが、まだ道半ばといったところです。

 

以前よりも収入がアップしている私立保育園が多くなっているものの、まだ公立保育園並の給与を提示できるところは限られています。
しかも、そのようなこころに就職したい保育士は多いでしょうから、こちらも狭き門となりかねません。

 

そのなかで、良い条件の求人を探すとなると、自分だけで探すのではなく人材サービスなどを活用するなどする方法があります。

 

自分で情報を収集するのは限界がありますが、人材サービスであれば自分に代わって必要な情報を集めてもらうこともでき、非公開情報などがある可能性もあるからです。

 

少しでも条件の良いところで保育士として働くには、それなりの工夫が必要でしょう。

 

もう一度ランキングを確認するなら、こちらをクリック
保育士求人正社員総合ランキング